養老渓谷の紅葉でおすすめコース!電車でのアクセスは?服装や持ち物は?

仲良しの友人たちと養老渓谷へ紅葉を見に行こうとなりましたが、誰も行ったことがないので情報を収集してから話し合おうという事になりました。友人たちとどこかに出かけようとなったとき、計画をたててそれを話し合うことから、すでにお出かけ気分が盛り上がってきて楽しいんですよねとりあえず、私が考えたプランをこちらに記録しておきます。

天井にいるゴキブリに殺虫剤をかけると飛ぶ?退治方法は?

一人暮らしで、テレビもつけずに読書をして静かな環境のときに、かすかな音と何かが動いた気配。何かなと周りを見ると天井に黒い虫が・・・「ギャー ゴキブリ」と叫んでしまいます。天井に向かって殺虫剤をかけると自分に降りかかってしまうし、何より怖いのは、ゴキブリが飛びかかってくることなんです。何故か殺虫剤を向けるとゴキブリって飛びますよね。そんな恐怖を味わうこと数回で天井付近に現れた奴を殺虫剤以外で飛びかかられないで退治する方法を見つけました。この方法なら床に現れた奴も退治できますよ。

お見舞いのお返しで治らない場合の返すタイミングとのしの表書きは

家族の中に病人がでてしまうと、看病だけでなくお見舞いに来てくれる人への対応など、様々な雑事に奔走させられてしまいますよね。その中でも、治らない病気で余命宣告をされてしまった場合に、親戚や友人達と会わせてあげたいと連絡をすればお見舞いがたくさん届いてそのお返しをどうしたらいいのかが悩みの種になってしまう。と遠縁のお嫁さんが困っていました。「不謹慎だけど、お見舞いのお返しをするまえに亡くなってしまう可能性もあるからその前にお見舞いのお返しだけはしておきたいんだけど、どのタイミングでしたらいいのか・・・」と言っていたんです。

白髪染めで地肌が痛い!頭皮がかぶれないで自宅で出来るおすすめは

白髪染めをすると地肌が痛くなる。それは自宅でやっても美容院でお願いしても同じで、染料をつけている間も我慢できなくなってきた。染め終わった後も、頭皮に湿疹が出来ているような感じで痒みもある。そんな現象に悩まされていませんか?私も数年前に同じような現象になり、美容院での白髪染めをやめたんです。でも、白髪をそのままにしていると老け込んでしまうし、だらしがないと思われてしまいますよね。頭皮に優しく、頻繁に染めても肌荒れしないで白髪を目立たなくしてくれるものがあるのでご紹介します。

石膏ボードの壁の穴が補修できない!補強と穴埋めパテのやり方

子供に石膏ボードの壁に穴を開けられて、これまで紙で隠していましたがココに穴があるんだよな~と常に気になっていました。 ポスターが張れるような場所なら誤魔化せるんですが、中途半端な位置なのでポスターを張ると逆に変だったんですよ。すぐにでも補修したかったんですが、私の思いつきの補修方法だと、無料で手に入るけど集めるのに時間がかかるので揃うまではできなかったんです。それも揃ったので頑張ってやってみました。素人なのでプロがやる用にはできませんが、穴をキレイにふさぐことができましたよ。

衣替えで服を処分する時の基準って?捨てる時に罪悪感なくやるには

衣替えをするつどに、仕舞いこんでいる服をこれまでは見ないふりをしてきたけど、いよいよ処分しなければ収納しきれなくなってきた。でも、キレイな状態の服を捨てるのって罪悪感があって思いきれないんですよねだからといって、メルカリやヤフオクに出品するほどのものでもないし、その手間が面倒だから長年先延ばしにしてしまっている。服を処分するのって、どこかで思いきらないとできませんよね。あなたもそんなことで悩んでいませんか?

衣替えで衣装ケースの服が臭い原因は?消す方法はある?保管方法は

衣替えをしようと出した服に変なニオイが付いていたり、かび臭かったりしませんでしたか?カビの臭いやすえたようなニオイの原因はどこにあるんでしょう。また、付いてしまった臭いを簡単に取る方法はあるんでしょうか?わが家で実践して成功した方法があるので、それをご紹介します

高齢者が熱中症を予防するための水分補給方法って?お茶でもいい?

「連日の猛暑で体が付いていけな~い」と愚痴をこぼしても暑さがどうにかなるわけでもない!それでも、クーラーの効いた部屋に逃げ込めればいいですが、東北地方では酷暑というものとは、これまで無縁だったのでクーラーの無い家が多いそうなんです。 先日、親戚のお嫁さんと話していて実家のある東北のご両親の心配をしていたんですよ。70代の両親が暮らしている家にはクーラーがないのに、今年の暑さで熱中症になってしまうんじゃないかとと心配とのこと。離れているから余計に心配ですよねその時に、会話したことが凄い参考になったと言ってもらったので、同じような状況の人のためになるかと記録しておきます。

蓮の花ろうそくの溶け残りを再利用!仏壇のロウソクを手作り!

お盆には蓮の花の形をしたローソクを使っています。このローソクって中心部分だけが溶けて外側が溶け残ってしまうんです。お盆の間はローソクを灯している時間が長いので、4日間の間で2~3個使うときがあり、その分溶け残ったロウソクの外側が出来てしまいます。捨てるにも困るので、何とか再利用できないかとあれこれ工作をして使えるようにしました。制作過程を写真を添えて説明しますね