鏡餅の鏡開きの日にちは?真空パックの場合はどうやるの?食べ方は?

何となくお正月らしさを出したくて鏡餅を飾ったのはいいけど、飾ってあるところからいつ下せばいいのか分からないし、処分の仕方もわからないって今年の1月に若い子に言われました。

処分っていいかたに頭を抱えたくなりましたが、もしかして、真空パックだから分からないんだと気が付きました。

なので、鏡開きがいつなのかや真空パックの鏡餅の食べ方などを説明しますね。

スポンサーリンク

鏡餅の鏡開きはいつなの?

関東の鏡開きは1月11日です。

11日は分かったけど、その日のいつ下げたらいいのかも悩むんですよね

私は、1月11日の朝にお供えしてあるところから下げます。

ところで、関東のはということは関西では違うのって思いますよね。

そうなんですよ、地域によっては15日とか20日に鏡開きをしているところがあります。京都なんて4日ですよ。

この鏡開きの日が違っているのは、江戸幕府が松の内を本来15日だったものを7日に変えてしまったからなんです。

江戸で強引に日にちを変えても、今のようにメール1本で全国に通知できるような時代ではないから通達を浸透させるのに時間もかかったでしょうし、昔からの習慣を簡単には変えられなかったからという所じゃないかと思います。

江戸に住んでいる町民に混乱は無かったのかな?

鏡餅を飾る習慣は平安時代の朝廷から始まり、室町時代に京都に行っていた武家がその習慣を知り真似たんです。

そして、江戸時代になって武士がやっていたことを商人がはじめて、町民も真似しだしました。

松の内を1月7日までとしたときの将軍は4代将軍の徳川家綱で寛文2年1月6日に変更のお知らせが回ったんです。

江戸の町は家光の時代に、やっと基礎ができたところなので町民にお餅を飾るっていう余裕があったとは思えません。

なので、町民にとっては最初から1月7日が松の内になっていた気がします。

鏡餅をお供えする意味って?

鏡餅が真空パックの場合の鏡開きってどうやる

鏡開きって実際には、お餅を解体することなんですが、包丁などの刃物を使うのはタブーとされています。

年神様の依代になっていたものに刃物を使わないというのと、武士から町民に伝わっているので、白く丸いお餅がお腹に見えるのか切腹のようになるからダメともいわれているからです。

では、真空パックは手で剥がせないものもあるのに、どうすればいいのか?

スポンサーリンク

刃物を使ってはいけないのはお餅だけなので、外側のパックはハサミなどを使って切込みをいれると外すことができますよ。

真空パックの中には個別包装された丸もちが入っているものと、お餅が充填されている物があります。

個別包装のタイプは、底の部分のビニールが手で剥がせるようになっていますから簡単です。

一方で充填タイプは、底のビニールを剥がして縁に傷をつけてから取り出します。

底のビニールを剥がしたら、画像の青い矢印の部分にお餅を傷つけないようにして切込みを入れます。

切込みを入れた部分を両手で摘まんで捻るとパックがむけてきますのでお餅を取り出してください。

最近のは切込みが入っているものもありますが、激安品だと入っていませんから参考にしてくださいね

ちなみに、プラパックはプラスチックゴミになりますから自治体のゴミの出し方に合わせて出してください。

鏡餅の食べ方は?真空パックのは固い餅を柔らかく

鏡開きの日に食べるのはお汁粉か善ざいと言われていますが、それにこだわることもないかと。

平安時代には雑煮で食べていたようです。お汁粉になったのは、武士が鏡開きの日に道場でお汁粉を食べたからと言われています。

お雑煮って元旦に食べるものだと思っているから、それ以外にすることが多いんですよ。

家族は、お汁粉を喜ばないから、きな粉餅や大根おろしの辛み餅にして食べる事が多いです。

充填式の鏡餅を柔らかくするには

充填式のお餅は二段重ねを剥がすには、刃物を使わないと剥がせません。でも、刃物は使いたくないですよね。

そこで、私はパックから出したらお餅をしっかりと水で濡らしてからお皿にのせて電子レンジに入れて加熱してつきたてお餅にしてしまいます。

電子レンジに入れる時間は1分くらいから小刻みに時間を調整します。時間が多すぎると、溶けすぎて手に負えなくなりますからね。

搗き立てのお餅のようになったら、水で濡らした箸でちぎってお汁粉やお雑煮の中に入れて食べています。

さいごに

昔は真空パックの鏡餅なんてなかったから、カビ対策が大変でした。真空パックの鏡餅を見た時には画期的だなと思う反面、ちょっと物足りなさを感じましたよ。

時代と共にパック詰めされた鏡餅も以前の物と変わらないくらい立派なものが売られていますから、昔ながらの飾り方も出来るようになりましたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする