父の日のプレゼント60代で糖尿病!無趣味の人には何がいい?

父の日が近ずいてきているのに、お父さんが定年退職したので、これまで定番化していたものが贈れなくなってしまって困っているということはありませんか?

仕事人間で趣味もなく、休日の楽しみって何だったんだろうというくらいにお父さんの定年退職後の生活が思い浮かばない。

「だから何が喜ばれるのかな?」という娘さんから相談されました。

スポンサーリンク

父の日のプレゼント60代で定年退職後には何がいい?

これまで、スーツが仕事着だったからネクタイやハンカチなど数あると嬉しいものを贈ってきたけど、それが必要なくなった場合に何を贈ればいいのか?

忙しくしてきた人って休日は、家でゴロゴロしてテレビを見て過ごしてきていませんか?

子供が小さい時には遊びに連れて行くなどで出かけることがあっても、成長と共に父親の出番が少なくなってきて、定年近くなった年齢のころってお父さんが1人で留守番ということも多かったんじゃないでしょうか?

そうなると、1日パジャマのような部屋着で過ごすことも多くなりますよね。

ゴルフや釣りなどの趣味があるお父さんなら、スーツ以外の服もある程度持っているでしょうが、外に出かけるような趣味がないと普段着が少ないんです。

なので、部屋着や堅苦しくない程度にお出かけ出来る服などを娘さんが選んであげると喜ばれると思いますよ。

本当は何を贈っても子供から贈られるものは嬉しいものなんです。

プレゼントそのものも嬉しいけど、それを選んでいる時に自分の事だけを考えてくれているとかの過程も含めて嬉しいんですよ。

父の日のプレゼント糖尿病では食べ物は贈れない?

お父さんの楽しみが食べること特に甘いおやつが好きだったのに、糖尿病になってしまい食べられなくなった。

たまになら大丈夫なのかな~と思いつつ、もしかしたらその甘いおやつが原因だったのかもと思うと好物でも食べさせてあげられないですよね。

糖尿病食ってカロリー計算をして血糖値が上がり過ぎないようにするのが大変と聞きます。そんな中でも、糖質を抑えた食品ならカロリーを気にしなくてもいいとかも聞いたんです。

糖質ダイエットが流行っているから、低糖質のおやつも売られているのを知っていますか?

あれダメこれダメと言われて、食べる楽しみを奪われてガッカリしているお父さんに低糖質のおやつがあることを教えてあげてプレゼントしたら喜ばれますよ。

父の日のプレゼント無趣味な人に何がいい?

普段着や低糖質のおやつもいいんだけど、何となくピンと来ないのよね。

定年まで趣味が無かったのって、仕事が大変で余裕が無かったのかもしれません。だからといって趣味を見つけてと言っても何をしたらいいのか分からないと思うんです。

そんな時には、お散歩を勧めてください、糖尿病のためにも軽い運動をすることは大切なので一石二鳥になります。

運動するためには動きやすいシューズがあるといいですよね。そしてただ散歩といっても目的がないとつまらないでしょうからデジカメがあると、道に咲いている名前を知らない花やちょっと遠出したところの公園などを写してきてもらいましょう。

お仕事をやめたばかりなので、自分でもこれから何をしようかと探している所でしょうから、ほんの少しお手伝いの気持ちで、思いつく手軽なものをプレゼントしてみてください。

そして、来年はデジカメで撮りためた写真をアルバムに編集することを教えてあげるのもいいですよね。

ご近所の方で、やはり定年後に何をしたらいいのか分からないとご夫婦でお散歩を楽しまれていましたが、今では散歩で見つけたDIY工房に通っているそうです。

目的地ができたから、歩きでは時間がもったいないと自転車を購入して颯爽と出かける姿をみかけますよ。

さいごに

親が定年退職の年になると子供としては年寄り扱いをしてしまいがちになるでしょうが、定年してもまだまだ数十年は元気で活動できます。

元気でいてもらうためにも趣味を見つけてもらって外に出るようにしてもらいましょうね。

お父さんが毎日家でゴロゴロしていると、お母さんのストレスが溜まってイライラするかもしれないですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする