白髪染めで地肌が痛い!頭皮がかぶれないで自宅で出来るおすすめは

白髪染めをすると地肌が痛くなる。それは自宅でやっても美容院でお願いしても同じで、染料をつけている間も我慢できなくなってきた。

染め終わった後も、頭皮に湿疹が出来ているような感じで痒みもある。そんな現象に悩まされていませんか?

私も数年前に同じような現象になり、美容院での白髪染めをやめたんです。でも、白髪をそのままにしていると老け込んでしまうし、だらしがないと思われてしまいますよね。

頭皮に優しく、頻繁に染めても肌荒れしないで白髪を目立たなくしてくれるものがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

白髪染めで地肌が痛いのはなぜ?

白髪染めをしていて地肌が痛くなるというのは、もう白髪染めに入っている成分が体に合わなくなっているのかもしれません。

白髪を染めるには、髪の内部に染料を浸透させなければなりません。その染料の中でも一番使われているのがジアミンという酸化染料で、アレルギーを引き起こすと言われているものなんです。

あと、キィーティクルを開くために使われるアルカリ剤も地肌に刺激をあたえるので、白髪染めって肌に良いものではないですね

私が、美容院で白髪染めをして貰わなくなったのは、地肌が痛いというのもありましたが、同時期に親戚のおばさんが白髪染めを美容院でやってもらった翌日くらいに、地肌が痛痒く我慢できなくなったので家族に見てもらったら、頭皮が真っ赤になっていて湿疹もできていたそうなんです。

すぐに病院にいって診察してもらったら、白髪染めに入っているジアミンによるアレルギーだろうという診断がされたんだそうです。

いままで何年も白髪染めをしてきたのに、何で今頃になってアレルギーがでるのかと聞いたら

長年使ってきたことによって、蓄積されたものが今、アレルギーとなって出て来たということで、分かりやすく言えば、ある年に突然花粉症になってしまったのと同じ事」と言われたそうです。

この話を聞いてから自分も危ないかもしれないと思ってジアミンの入っている白髪染めを使うのをやめたんですよ

頭皮がかぶれない白髪染めってあるの?

白髪を染められて頭皮がかぶれないものとは、たぶん想像しているもので合っていますよ。

そう、白髪染めトリートメントの事です。

トリートメントで本当に白髪が染まるのかと疑問ですよね。

その疑問にお答えする前に、白髪染めと白髪染めトリートメントの違いを説明しておきます。

白髪染めで白髪を染めるには

市販されているものと、美容院で使われているものは、ほぼ同じような作用で白髪を染めています。

2剤を合わせて化学変化をさせて染めているんです。

1剤には酸化染料(ジアミン)とアルカリ剤(アンモニア等)2剤には過酸化水素(オキシドール)

アルカリ剤で髪のキューティクルを開き、そこに酸化染料を浸透させます。2剤目の過酸化水素の酸化作用により髪が染まります。酸化染料そのものには色が付いていないので酸化作用によって発色させています。

酸化染料は髪の内部に入った時は小さな分子ですが、過酸化水素と結合して大きくなりキューティクルから抜け出さないようになります。

白髪染めトリートメントで白髪を染めるには

主な染料として塩基性染料とHC染料があります。

塩基性染料
塩基性染料は、分子が大きいので髪の内部まで入り込むのは難しいけど、プラスの電荷を持っているので髪の表面のマイナスに結合して髪表面に色を付けます。

スポンサーリンク

HC染料
塩基性染料よりも分子が小さく、髪の内部にキューティクルを開かなくても隙間から入り込めますが、酸化染料のように内部で化学反応を起こして分子同士がくっついて大きくなるのではないので、洗髪のたびに流れ出てしまいます。

塩基性染料は髪の表面に色をつけ、HC染料は髪の内部に色を入れます。塩基性染料の補助としてHC染料は使われることが多いようです。どちらも化学反応を起こすことがないので、地肌にダメージを与えることはありません。

髪や地肌に優しい分、色持ちが2週間ほどになってしまうため小まめに染めなければならない欠点があります。

白髪染めと白髪染めトリートメントの違いは染料の違いでもあるのが分かっていただけましたか?

トリートメントでも染める事ができるけど、色持ちが悪いということ。

でも、白髪染めをしても2週間ほどで5㎜位伸びますからやっぱり目立ってしまい部分染めをしたくなりますよね。

という事は、白髪染めトリートメントでも問題ないんじゃないかと思いませんか?

実際に、私は全体を染めるのは1か月半くらいの間隔で、その間に目立つ生え際などは部分染めをやっています。

それで十分白髪の目立たない頭になっていますよ。

白髪染めを自宅で出来るおすすめは?

私がこれまで試してきた白髪染めトリートメントは、利尻ヘアカラートリートメントとレフィーネ・ヘッドスパトリートメントカラーとルプルプ(lplp)です。

最初に使ったのが、利尻ヘアカラートリートメントです。白髪染めトリートメントで検索するとこの商品をお勧めするサイトがたくさんあります。トリートメント成分がたくさん入っているので、染めた後に髪を触るとツルツルしていて気持ちがいいんです。

私が気に入らなかったのは容器だったんです。

固いんですよ!使い始めは問題ありませんが、最後の方になってくると、まだあるのに取り出すのに苦労しました。プラスチックごみとして出すのに、チューブ状の容器の場合には切り開いてそぐように中身を取り出すようにしています。それが固くて出来なかったんです。

次が、レフィーネ・ヘッドスパトリートメントカラーで、ヘッドスパが自宅で出来て白髪も染められるならと試してみました。染めている時の香りが好きでした。ポンプ式のものは容量もたくさん入っていてコスパはいいですよ。

最初はヘッドスパが出来ると思って買いましたが、自分で頭皮をマッサージしてもあんまり気持ちよくありませんでした。美容院でやってもらう頭皮マッサージが気持ちよすぎたんですね。

また、容量がたくさんでいいと思ったポンプ式も最後は無駄が多い気がしてきて、なんか違うなと思ってやめました。

最終的にルプルプ(lplp)に落ち着き、すでに2年ほど定期購入しています。散々問題にしてきた容器もソフトなのでハサミで切り開けるしヘラで最後まで削り取ることができます。

ルプルプで一番気に入ったのは、染料を髪につけてすぐに白髪が消える事でした。他の製品は何度かハケで重ねて塗らないと白髪に染料が弾かれていたように感じるので厚塗りになってしまっていました。

ルプルプは1度塗っただけで白髪が見えなくなったのでこれは良いなと思ったんです。

3つの商品それぞれ、染まり方などは大差ないので、不満に思うのは個人的な細かい部分なので、気にならない人には問題ないですね

利尻ヘアカラートリートメントとレフィーネ・ヘッドスパトリートメントカラーとルプルプ(lplp)の3つはどれも人気のある商品なので、後は個人の好みの問題だけです。

それでも、私のオススメはルプルプ(lplp)です。

さいごに

白髪がでてきても、染めていれば年齢以上には見られなくなりますが、染められない状態が続いてくると、一気に年をとったような気がしてきます。

見た目って大切ですよね。その為にも多少は面倒でも髪や頭皮に優しいもので染めたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする