毛穴の黒ずみと開きを改善して毛穴を引き締める混合肌のスキンケア

毛穴黒ずみや開きがあると、メイクする楽しみも半減してしまいますよね

出来るとこならすっぴんで勝負できるくらい薄化粧でいたいのに、毛穴が目立つし、鼻の頭は黒ずみでザラザラしている。

20代の毛穴の開きや黒ずみは、スキンケア方法を見直して変えるだけで、改善することができるんです。

私も、自己流のスキンケアで毛穴全開に鼻の頭は見事なイチゴ毛穴だったのを、スキンケアを変えただけで改善させることができたんです。

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみや開きを改善するには

毛穴の黒ずみと毛穴の開きってスキンケア方法が違うように思うでしょうが、黒ずみが改善されると毛穴も引き締まるようになるんですよ

毛穴の黒ずみは角栓が酸化したものです。

では、その角栓はどのように出来ているか知っていますか?

角栓の元は皮脂と剥がれ落ちた角質なんです。

元々、毛穴には皮脂が出る皮脂腺があり、毛穴の奥に汚れや菌が入り込まないように皮脂で蓋がされています。

通常であれば、皮脂は次々と分泌されて古いものはスムーズに毛穴から排出されますが、間違ったスキンケアによって角質を無理やり剥がしてしまうようなことをすると、それを再生するためにターンオーバーが早まります。

早まるということはターンオーバーサイクルが乱れてしまうことにも繋がります。

そうなると、未熟な角質が押し上げられて肌表面にでて毛穴の中に落ち、皮脂と混ざって角栓となってしまうのです。

角栓ができればそれだけ毛穴が拡げられてしまいますから、毛穴開きにもなりますよね

間違ったスキンケアって

私の自己流というとカッコいいですが、本当は適当なスキンケアで毛穴全開、鼻の頭はイチゴ毛穴状態の時にやっていた方法。

お風呂に入る前にメイク落としのクレンジングはクリームタイプを使ってふき取っていました。

肌を擦らないようになんてふき取りの時はできませんよね。なので肌はしっかり擦っていたと思います。

そして、洗顔。

洗顔も泡をしっかり作って、肌を擦らないように・・・・

できていません。

洗顔クリームを手にとって軽く手を擦り合わせてから、両手で顔にのせて全体にクリームをつけてゴシゴシ。

すすぎも浴槽からお湯をすくって、そのままの温度ですすいでいました。

お風呂からでて、化粧水を両手でパチパチと顔をたたくようにつけて、冬だけニベアを塗って終わりです。

ニベアはちょっとべた付くので夏は使っていません。化粧水だけで済ませていました。

それから、鼻の黒ずみが気になるので、定期的にビオレの毛穴すっきりパックを使ったり、角栓を押しだしたりして取っていました。

もう、昔の私のやっていたスキンケアがダメダメなのが分かりますよね

間違っているところ

・肌を擦り過ぎている(角質が傷ついてしまう)
・洗顔のやり方が間違っている(こすり洗いはダメ)
・洗顔のすすぎ水の温度が間違っている(温度が高いと皮脂を取りすぎてしまう)
・化粧水だけで済ませている(水分を与えても乳液などで蓋をしないと蒸発してしまう)
・脂ぎっている所にもニベアをたっぷりつけている(皮脂がたっぷりの所に油を足すとニキビになる)
・毛穴パックをやりすぎ(ターンオーバーサイクルに合わせてやるのがいい)

この間違ったスキンケアをどのように訂正して正しいスキンケアに変えたのか?

肌を擦ってはいけないというのは今では常識になっていますよね

なので、まずはクレンジングを変えてメイク落としのやり方も変えました。

クレンジングはオイルクレンジング。

オイルクレンジングは強いから肌に一番悪いと言われていますが、使い方を間違えなければ肌を擦ることなくメイク落としが出来ます。

次に洗顔料。

洗顔料は石鹸がいいと言われていますが、私は泡がよくでるタイプのものをネットを使って泡立てて、泡を転がすように洗うようにしました。

化粧水

化粧水は、Tゾーンとそれ以外を分けた方がいいと言われましたが、面倒なのでTゾーンに合わせてサッパリ系をたっぷりと手に取り肌に押し付けるようにハンドプレスして浸透させました。

スポンサーリンク

美容液

これまで、化粧水さえつければいいと思っていましたが、化粧水はたんに水を与えるだけなので、肌に栄養をあたえようと美容液を使いました。

そして、水分蒸発を防ぐためと更に栄養を与えるために乳液も使うようにしたのです。

このやり方に変えてからは角栓を取り除くようなケアは一切していないのに驚くことに鼻の黒ずみが無くなったんですよ

角栓は完全には無くならないけど、小さくなりました。

そして、毛穴の開きもかなり改善されたんです。

スキンケア方法を変えるだけで、特別に毛穴ケアをしたわけじゃ無いけど黒ずみと毛穴の開きが改善された。

改善された鍵は、肌を擦らないことで角質を傷つけなかったことと、肌に水分をちゃんと与えることができたこと。

クレンジングで角栓を柔らかくして洗顔でそれを少しずつ取り除くことができた。

また、角栓を無理やり取り除くようなことをしなかったこと。

毛穴パックシートを頻繁に使うことで毛穴周りの角質をその都度傷つけていたんです。

剥がれるべき時じゃないときに毛穴周りの角質を剥がしてしまうことで、ターンオーバーを狂わせて未熟な角質でさらに角栓が育つというケアではなく逆の事をやっていたようです。

毛穴を引き締めるには保湿も必要

Tゾーンは皮脂がたっぷりあるけど、頬は乾燥しているというやっかいな肌の場合には頬に重点的に水分を補ってあげることで毛穴の目立ちが少なくなります。

肌が乾燥しているとキメが乱れて毛穴が目立ってしまうんですよ

そこで、私は頬に化粧水をたっぷりと含んだコットンでパックをするようにしました。

お風呂上りに顔全体に化粧水をつけてから、コットンに精製水を含ませてから軽く絞り、化粧水を染み込ませて頬にのせる。

化粧水の前に精製水でコットンを濡らすのは、化粧水を節約するためです。

コットンも1枚で使わないで半分に裂いて使っていました。

肌乾燥がおさまるまで毎日やっていましたから少しでも節約したいからです。

コットンを乗せていた時間は、5分くらいで、乾く少し前にはずすようにしていました。

化粧水をたっぷり肌に染み込ませたら、セラミド配合の美容液をつけて、乳液をつけ終了です。

クリームは塗っていませんでした。

混合肌のスキンケア方法

混合肌の場合には、脂性の部分と乾燥肌の部分のどちらに基準を合わせてスキンケアをすればいいのか悩みませんか?

私は、脂性の部分に合わせてスキンケアをやっていたために、頬の乾燥がひどくなってしまった経験があります。

ベタベタするのが嫌なので、サッパリ系の化粧水をつけて終わらせていたというスキンケアともいえないやり方です。

この方法は前述したようにダメなやり方ですよね

混合肌でも基本的なスキンケアは同じです。

化粧水はサッパリ系を使っても、乾燥している部分には化粧水を重ねづけして美容液と乳液もTゾーンよりは多めにつける。

また、Tゾーンは皮脂がでてきたらティッシュオフして余分な脂は取っておくなど、顔の中でもそれぞれの部分で対応を変えてることが混合肌のスキンケアになるようです。

皮脂は取りすぎず余らせすぎずというとても難しいものなんです。

このさじ加減が大変で、取りすぎてしまうと、皮脂は足りないのかと勘違いしてこれまで以上に分泌させてしまいます。

10代のころにおみやげで「あぶらとり紙」を貰った時に、油が凄い取れるのがうれしくて、暇さえあれば使っていました。

その結果、鼻の頭はつねにテラテラと脂があり、頬は皮が剥けたように荒れてしまったんですよ

おまけにニキビができちゃうし、10代の水分たっぷりのときでさえ、油を取りすぎると大変なことになります。

まとめ

書籍に書かれていることや友人達からの口コミも真偽を確かめないと改善どころか悪化させることにもなります。

私は、間違ったスキンケアをしていたと気が付いてから、沢山の書籍を読みました。

書籍によって言っていることが違うことがありましたが、自分で試してみていいと思う方法を見つけて今に至ります。

肌は、人によって違ってくるので、自分に合うやり方を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする