日焼け止めのSPFとPAの意味は?SPF50は肌に負担をかける?塗り直しの頻度って

日焼け止め購入する時にSPFとPAは一応気にするけど、結局は一番強そうなものを買っているけど、SPFとPAって何なんだろうって思っていませんか?私も同じように気にしていませんでしたが、小さい数値のものもはどんな人が使うのか気になって美容部員さんに聞いてみました。それらをまとめましたので、私と同じなら参考にしてください。

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFとPAの意味は

日焼け止めを選ぶときSPFとPAのことは、どんな意味があるのかはよくわかっていないけど数値が大きければ、それだけ紫外線から守ってもらえると思うから一番高い数字のものを選んでいるのではないですか?

実は、私も日焼け止めを買い始めたころは、出来るだけ数値が大きければいいと思っていた一人なんです。

でも、数値があるということは、何かしら意味があるからなんですよね。私は無駄に数値の高い物を選んでいるのかもしれないと思い美容部員さん(いまはビューティアドバイザーっていうのかな)にSPFとPAについて聞いてみました。

美容部員さんから聞いたことをまとめてみました。

日焼け止めやUVケア化粧品に書かれているSPF15やPA+などの英数字や記号(+)は、サンケア指数といって紫外線を防ぐ効果を分かりやすく示したものです。

SPFとは

SPF=Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略でUV-Bの防止効果を示す数値です。

赤くなってヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間を何倍に延ばせるかの目安になります。

SPF値の意味
例えば20分で赤くなる色白の人がSPF15のUVケア化粧品を使う場合、塗らなかった時の約15倍の時間(約5時間程度)肌が赤くなることを防ぐという目安になります。

20分×SPF15=300分=5時間

20分で赤くなる色白の人の20分はどこから?
何も塗らない状態では、日本人の場合、真夏の晴れた海浜では、色白の人で約20分、普通肌の人で約25分、色黒の人なら約30分でサンバーンを起こすと言われています。
日本化粧品技術者会誌(日焼けに影響する生物的物理的要因について)より参照

PA
PAとはProotection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略で(+)の数でUV-A防止効果を表したものです。

分類表示 効果の度合い UVAPF
PA+ 効果がある 2以上4未満
PA++ かなり効果がある 4以上8未満
PA+++ 非常に効果がある 8以上16未満
PA++++ 極めて高い効果 16以上

PA+は、紫外線によって日焼けを起こすまでの時間を2倍から4倍に、PA++は4倍から8倍に延ばせることを意味する。

日焼け止めを選ぶ目安

日常生活(散歩、買い物など) SPF10~20 PA+~PA++
屋外での軽いスポーツやレジャーなど SPF20~30 PA++~PA+++
海や山でのスポーツ、レジャー 炎天下での活動 SPF30~50 PA++~PA++++
海外リゾートなど紫外線の強力な場所、紫外線に敏感な人 SPF50 PA++++

紫外線について

UV-A 紫外線A波 肌の奥にある真皮層まで届くため肌のハリや弾力を失わせ、光老化を引き起こす、メラニン色素を酸化させて肌を黒くさせる作用もある。

UV-B 紫外線B波 肌への作用が強く、短時間でも肌が赤くなり炎症を起こさせる。シミの原因にもなる。

買い物や家事程度なら高い数値の日焼け止めを使わなくてもいいということのようです。その代わりに、汗をかいてふき取ると日焼け止めも拭き取ってしまうことになるので、塗り直しをするようにと言われました。

スポンサーリンク

日焼け止めSPF50は肌に負担をかける?

現在売られていて、楽天などの売り上げランキングで日焼け止めをみると、ほぼ全部といっていいくらいサンケア指数が「SPF50・PA++++」になっています。

時代が、絶対に日焼けしたくないということになっているからなのかもしれません。

美容部員さんからおススメされる日焼け止めのサンケア指数もSPF50・PA++++ばかりです。

「肌に負担をかけるんじゃないですか」と聞いたら、「昔の日焼け止めと違って今の物は負担がかからないようにスキンケア成分も含まれているしシリコーンオイルを多くし紫外線吸収剤をカプセルに入れたりするなどして直で肌に着かないようにしています」とのことでした。

「軽い物を使って塗り直す時間がないなどで日焼けしてしまうことの方が肌負担は大きいですよ」とも言われました。

日焼け止めの塗り直し頻度ってどのくらい?

製品表示されているSPF・PAの数値は1㎝あたり2㎎を皮膚に塗った時の測定を元にしたものなので、思っているよりもたっぷりと塗らないと効果が得られません。

また、時間と共に擦れたり汗でとれてしまったりするので、適時塗り直しが必要になります。

液状や乳液などの場合、1円玉1~2個分を顔全体に使うのが目安です。
日焼け止め製品に表示してあるSPF・PAの効果を発揮するためには少なくとも2~3時間おきを目安に一日何度か塗り直すことが大切。

ファンデーションをつけないで日焼け止めだけで済ます場合には、同じ量をもう一度つけるようにしてください。

日焼け止めの塗り方

顔は全体にむらなく馴染ませます。

手のひらに適量をとって、両頬・額・鼻・あごに置き、全体に馴染ませます。

特に日焼けしやすいTゾーンやUゾーンは重ね塗りをするように。

日本人女性は頬からこめかみに紫外線の影響でシミができやすいと言われていますから頬へも重ね塗りが必要かと思います。

顔が終わったら、首から耳の裏や襟足なども忘れずに塗ってください。

ショートカットの方は首の後ろ、つまり襟足部分が日焼けしやすいので、忘れないでくださいね。

襟足部分が日焼けで酷いことになった知人の話

知り合いのおばちゃんは夏は帽子を必ず被るんだけど、日焼け止めなどは塗ったことが無いと言っていたんです。どこへ行くにも自転車で移動しているから日傘を使えないから帽子なんでしょうけどね。

そして、髪は凄い短いショートカットで、襟足部分は常に紫外線を浴びている状態、徐々に焼けてきて、とうとう火傷したように皮膚が赤黒くなって触れなくなってしまったそうです。

ある程度たってから見せてもらったけど、日焼けで皮が剥けているのと違ってアトピー皮膚炎のような状態になっていました。

おばちゃんの襟足を見せてもらった時、日焼け止めの塗り忘れをしないようにしようと心に誓いました。

さいごに

日焼け止めはたくさんの商品があって、何を買えばいいのかほんとうに迷ってしまいますよね。

昨年使ったものを今年もと探していると、同じシリーズで新商品がでているんだけど、何が違ったのかが分からない(笑)

でも、新商品を手に取っているんですよね~

先月発売になった雑誌のLDKに日焼け止めを検証しているコーナーがあったんです。日焼けを防ぐ%率やつけ心地、落としやすいかなど気になることをいろいろ検証していて、トータルでいいとされていたのが、アネッサパーフェクトUVスキンミルクでした。

やっぱり、高い日焼け止めはいいんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする