男の一人暮らし必要な家電は?どこで買う?注意することある?

家電と言えば冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ、炊飯器あたりが必要かなと思うでしょうが、社会人になって間もない男性に必要な家電ってそれほどないんですよ。まして、ワンルームや1Kに住むなら使わない物が出て来ます。

わが家の3人の息子たちが一人暮らしを始めた時に購入した家電での失敗と購入を悩んだけど止めてよかったと思った家電の話などを交えて、引っ越してすぐに必要なものや後から買っても間に合うもの、必要だと思っていても結果使わないものなどを説明しますね

スポンサーリンク

男の一人暮らしで必要な家電は何?

わが家の息子3人が引っ越し当初に購入した家電は冷蔵庫、洗濯機、電子レンジの3点です。。

冷蔵庫は、これまで有って当たり前の生活をしてきていますよね。自炊をしなくても飲み物やアイスなどは一人暮らしでも冷やしますし、冷凍食品も美味しいものが沢山あるので、ストックしておくと一人暮らしのお助けになります。

その冷凍食品を食べるためには電子レンジが必要です。

洗濯機は、近くにコインランドリーがあれば週に1回か2回の洗濯なら間に合いますが、休日にコインランドリーを往復して終わってしまうなんてことになることもあります。晴天続きの時なら混雑してなくても雨が続けばコインラインドリーの混雑は凄いことになります。休日だからと10時ごろまで寝ていて、さて洗濯するかと出かけたら全部が使用中で次の人が待っているなんてことになります。

やっと洗濯乾燥が終わったら夕方だったというのは冗談じゃなくありえます。また、料金的にも1回の洗濯・乾燥で1000円くらいかかります。週一で月に4回でも4000円かかるということです。

洗濯機って一人暮らしの人が使うものは高性能じゃなくていいですよね。乾燥機付なんかついていなくても大丈夫。それなら高くありませんから、買った方がお得です。

掃除機も悩みどころですが、しばらくは無くても大丈夫!昔は掃除機なんて無かった!フロワーならクイックルワイパーがあれば十分。カーペットを敷くならコロコロで掃除できます。それでも間に合わないときは箒とチリトリ。

炊飯器も慌てて購入しなくてもいいもの。「え!自炊できないじゃん」と言われそうですが、今はパックされたご飯も売られているのでそれほど困ることはありません。

それに、一人暮らしになってすぐに自炊をするんだと張り切っていても帰宅してから食事の支度をするということに疲れて面倒になる可能性が出てくるからです。

実際に息子たちは一人暮らしを始めて数日は頑張ったようですが、時間配分などが上手くいかず疲れ切ってしまい挫折したようです。現在は、早く帰れた日や休日などは自炊、遅くなってしまった時は食べてくるかお弁当というように分けているようです。

こう考えると、炊飯器があっても事前にお米を洗って仕込んでおかないと炊けないものは時間がかかって使いずらいのです。

3人の息子たちもさまざまで、一人暮らしをして数年たったいまでも持っていない子と電子レンジで炊飯するものを持っている子と友人から譲り受けた炊飯器を持っている子とに分かれています。

ご飯大好きな子が未だに持っていないのが私としては不思議だったのですが、太り過ぎで糖質ダイエットをしているからお米を食べない!だから炊飯器はいらないと言っていました。

炊飯器を持っている子はまとめ炊きをして1食分ずつに分け冷凍してある。と言ってます。

炊飯器は、慌てて買わなくても自分の状況を見極めてからの方が良いですよ。

テレビが入っていないことに不満があるかもしれませんが、息子たちはそれぞれパソコンを持っているので、テレビを必要としていないんです。テレビを見るくらいならゲームをするという子たちなので(´Д`)ハァ…

一人暮らしの家電はどこで買うのがいいの?

家電製品を購入するところは、家電量販店やアマゾンや楽天などのネットショップ、リサイクルショップとありますよね。

そのなかで、息子たちが購入したのは、家電量販店が2人とリサイクルショップが1人です。

ある家電量販店で購入したときにビックリしたのがまとめて購入しているにも関わらず、電子レンジは配送料がかかると言われたんですよ。冷蔵庫と洗濯機を買っていて同じところに届けるにも関わらず配送料・・・。電車で買いに行ったんですが、それなら持ち帰りますと言って息子とヒーヒー言いながら運びました。

同じ家電量販店では、全国展開しているにもかかわらず、他地域(電車で2時間かかる)への配送はしてないので、そちらの地域でお求めくださいとも言われました。それならと、引っ越し先にある量販店を見つけたらライバルの量販店でした。(笑)

そちらでは、電子レンジに配送料がかかることなく届けてくれましたよ。

スポンサーリンク

次に、リサイクルショップですが、ブックオフの系列店であるハードオフで冷蔵庫と洗濯機を購入してきた子がいます。とても美品で中古だとは思わないくらいのものでしたよ。実際に私は新品だと思ったくらいですから。中古品というのは何となく嫌だしすぐに壊れそうと思っていましたが、数年使っていても問題なく使えているので、私もリサイクル品をちょっと見直しています。

家電製品を安く購入するには

私が家電製品を安く購入するためにやる方法として、家電量販店数件周り、商品と価格を調べます。例えば電子レンジですが、大きさや庫内などは実際に見るのと数字で確認するのとではやはり違います。性能なども確認してから値段を見て覚え、他店でも同じ商品を見つけて価格や配送料などをみます。

取りあえず家に帰ってから電子レンジの商品番号で検索してネットでの価格や送料を量販店のと比較して最終的にどこで買うかを決めます

アマゾンや楽天などがヒットしますが、見に行った量販店のネット通販が出てきたら確認してみると実店舗よりも安い時があるんです。ネット通販は人件費がかからない分、安くなっているんでしょうね

なので、ほとんどの家電はネットで購入することが多いんです。

量販店の強みとしては商品の保証期間をメーカーよりも長くしてくれることじゃないかと思うんです。その延長も条件があったりしてただではありません。ある程度知名度のあるメーカーのものを買えばそんなにすぐ壊れるということもありませんから保証期間を延ばすということもしたことないです。

日本のメーカー品を安く購入したいならリサイクルショップが一番かもしれません。息子がハードオフで購入した時も、友人から色々聞いていたから大丈夫と思って買ったと言っていました。その聞いた事とは、大学生が多く住む地域にあるハードオフだと実家に帰る人は持っていかずに売っていくそうなんです。4年しか使っていないし、その4年も洗濯機などは毎日使っているわけじゃないから綺麗なものが多いよという話です。

また、中古品保証書を発行してくれて、万一故障が生じても無料で修理してくれるそうですから量販店と変わりがないですよね

息子たちが購入したのを見てきてどこで購入するのが良かったのかの感想は、リサイクルショップが中古とはいえ性能がいいものが安く買えたです。

ただし、いいものが買えるかは購入時期に左右される気がします。また、リサイクルショップも個人経営のような1店舗しか無い所よりチェーン店の大型店の方が品揃えもよく選ぶことができるのでリサイクルショップ選びも重要になってきます。
と、条件が合えば安くいいものが買えますが、短時間の間に家電を揃えようとするときは無理かもしれません。

なので、私がおススメする家電を購入するところは、ネット通販です。量販店で商品を見てからその量販店のネット通販で価格を確認して見て下さい。安いですよ

一人暮らしの家電を買うとき注意する事

洗濯機を買うときの注意
家具を買うときには置く場所を決めてその場所のサイズを測りますよね。家電も同じで置く場所の寸法を測ってから買いに行ってください。とくに洗濯機は防水パンとか洗濯機パンと言われるものが洗濯機を置くところにありますから、そのうち寸法をしっかり測ってください。息子が借りた部屋の洗濯機を置く場所は扉つきでおしゃれなんですが、とても狭かったんです。当然、防水パンも小さくて洗濯機を選ぶのに苦労しました。蛇口までの高さも念のため測っておくことをおススメします。

冷蔵庫を買うときの注意
冷蔵庫は安さだけで選んでしまうと、サイズもそうですが、コンプレッサーの音にも悩まされます。

まず、サイズというのは昔の冷蔵庫って背面に放熱板が付いていましたよね。今どきの冷蔵庫にはないから知らない人もいるかもしれないけど・・・その網のようなものが奥行きをとってしまい思っていた以上に冷蔵庫が出っ張ってしまうんです。

いまでもそんな冷蔵庫が売られているとは思わずに正面と中を確認しただけで買ってしまって失敗でした。

コンプレッサー音に関しても、1Kなら扉があるのでそれほど気になりませんが、ワンルームだと寝る時に音が気になって眠れなくなると言っていました。

冷蔵庫に関してはもう一つ、自動霜取り装置付きを購入しないと霜取りという面倒な作業を定期的にやるようになりますので注意してください。

ベッドや収納に関してはこちらをどうぞ
一人暮らしのワンルームにベッドを置くには!家具や収納はどうする!

さいごに

一人暮らしを始めるからと張り切って家電製品を一度に揃えなくても少しづつ買い揃えていくほうが、いいものを購入できます。私が若時に一人暮らしを始めた時より息子たちの方が必要なものしか揃えなかった分、いまは良い物を手に入れています。

失敗したのは冷蔵庫だけは少し高くても国産メーカーの物を買うように言えば良かったなと思っていることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする